OLED

説明

近年、有機薄膜太陽電池の性能を劇的に向上させるために、材料開発が重要な役割を果たしてきました。

フラーレンは、キャビティデバイスの電気的性能とキャビティOLEDの光学的調整をさらに強化するための電子輸送層として使用されます。
このフラーレン層は、電子輸送層としてAlqを使用した従来のキャビティOLEDと比較して、駆動電圧が約2V低下し、電力効率が約20%向上します。

アプリケーション

  • 金属/フラーレン二重層は、有機発光ダイオード(OLED)で使用するための正孔注入電極として研究されてきました。 I単純な発光ゾーン構造の場合、Au ∕ C60アノードを備えたOLEDは、単純なAuアノードを備えたOLEDよりもはるかに低い(約10V)駆動電圧とはるかに高い電流効率(5倍高い)を持っていることがわかります。

  • このアノード構造は、蛍光およびリン光色素ドープシステムを含むすべてのタイプの発光構造に適用可能であることがわかりました。

参考文献

OLED
TFB

TFB (sec-butyl)

SOL2437

ポリマー

CAS N/A

今すぐ購入
OLED
PFO-MEH-PPV

F8BT

SOL2529

ポリマー

CAS N/A

今すぐ購入