ITIC-2F

説明

ITIC-Fは、有機光起電用途(OPV)向けの非フラーレンで熱的に安定な電子受容性小分子であり、さまざまなシステムのPCBMに取って代わり、高いPCE値に達することができます。

参考文献

  • 1. Dispersive Non-Germinate Recombination in an Amorphous Polymer: Fullerene Blend,

    Author (s): Kurpiers, J., Neher, D. Dispersive Non. NATURE – Scientific Reports 6, 26832 (2016)

  • 2. Ultrafast zero-bias photocurrent and terahertz emission in hybrid perovskites. Commun,

    Author(s): Petr A. Obraztsov, Dmitry Lyashenko, Pavel A. Chizhov, Kuniaki Konishi, Natsuki Nemoto, Makoto Kuwata-Gonokami, Eric Welch, Alexander N. Obraztsov & Alex Zakhidov. NATURE – Communications Physics 1, 14 (2018).

  • 3. An Electron Acceptor Challenging Fullerenes for Efficient Polymer Solar Cells.,

    Author(s): Yuze Lin Jiayu Wang Zhi‐Guo Zhang Huitao Bai Yongfang Li Daoben Zhu Xiaowei Zhan. First published:07 January 2015

ITIC-F

ITIC-2F

SOL6706

単一分子

Small Acceptors (n-type)

CAS N/A

今すぐ購入

PCDTBT

説明

PCDTBTは、オプトエレクトロニクスアプリケーション向けの低バンドギャップポリマーです。 PC71BM(SOL5071)などのアクセプター材料への電子供与体として使用できます。

参考文献

  • 1. Dispersive Non-Germinate Recombination in an Amorphous Polymer: Fullerene Blend,

    Author (s): Kurpiers, J., Neher, D. Dispersive Non. NATURE – Scientific Reports 6, 26832 (2016)

  • 2. Ultrafast zero-bias photocurrent and terahertz emission in hybrid perovskites. Commun,

    Author(s): Petr A. Obraztsov, Dmitry Lyashenko, Pavel A. Chizhov, Kuniaki Konishi, Natsuki Nemoto, Makoto Kuwata-Gonokami, Eric Welch, Alexander N. Obraztsov & Alex Zakhidov. NATURE – Communications Physics 1, 14 (2018).

  • 3. An Electron Acceptor Challenging Fullerenes for Efficient Polymer Solar Cells.,

    Author(s): Yuze Lin Jiayu Wang Zhi‐Guo Zhang Huitao Bai Yongfang Li Daoben Zhu Xiaowei Zhan. First published:07 January 2015

PCDTBT

PCDTBT

SOL4280

ポリマー

(p-type)

CAS N/A

今すぐ購入

PTAA

説明

PTAA. オプトエレクトロニクス用途向けのポリマー。 有機発光ダイオード(OLED)およびペロブスカイト用の正孔輸送材料。 アモルファスp型ポリマー半導体。

4つのグレードが用意されています。

カスタムMwとpdiが利用可能です。

Fluoro-PTAAもご利用いただけます。

PTAA

SOL2426

ポリマー

(p-type)

CAS 1333317-99-9

今すぐ購入

P3HT

説明

P3HT(ポリ(3-ヘキシルチオフェン-2,5-ジイル))は、PCBM(SOL5061)などのアクセプター材料への電子供与体として使用され、実績のあるベンチマーク付きバルクヘテロ接合太陽電池や有機トランジスタを製造します。

さまざまな研究目的のために、位置規則性の異なる2つのタイプを提供しています。

参考文献

  • (1) Fullerenes: Non-transition Metal Cluster For Rechargeable Magnesium Battery Cathode

    Author(s): Ruigang Zhang, Fuminori Mizuno and Chen Ling *

  • (2) Donor‐Linked Fullerenes: Photoinduced electron transfer and its potential application

    Author(s): Dr. Hiroshi Imahori Prof. Yoshiteru Sakata. First published:29 October 2004

  • (3) Fullerene Materials for Lithium-ion Battery Applications

    Author(s): Loutfy R.O., Katagiri S. (2002). In: Ōsawa E. (eds) Perspectives of Fullerene Nanotechnology. Springer, Dordrecht (Fullerene Materials for Lithium-ion Battery Applications

  • (4) Prospects for Using C 60 and C 70 in Lithium Batteries

    Author(s): L. Seger, L. ‐Q. Wen and J. B. Schlenoff, ECS – The Electrochemical Society

P3HT

P3HT

SOL4106

ポリマー

(Poly(3-hexylthiophene-2,5-diyl))

CAS 104934-50-1

今すぐ購入

PCBM – PC61BM

説明

PCBMは、フラーレン誘導体, [6,6] フェニル-C61-酪酸メチルエステルの一般的な略語であり、有機光起電力デバイスで最も一般的に使用されている電子受容材料の1つです。

これは、P3HT(SOL4106)、PCDTBT(SOL4280)、PTB7(SOL4700)などの電子供与体材料と組み合わせてフレキシブルなプラスチックまたは電子太陽電池で一般的に使用され、高い開回路電圧(Voc)、高い電力変換効率(PCE)を実現します。 )バルクヘテロ接合太陽電池, >99.9% [6,6] 異性化。

フラーレンと比較した場合、クロロベンゼンに溶解するため、電子受容体であるためのより実用的な選択です。 これにより、「印刷可能な」太陽電池に必要な特性である、処理可能なドナー/アクセプター溶液の混合物が可能になります。

PCBM – PC61BM

SOL5031

フラーレン

CAS 160848-22-6

今すぐ購入